生体医工学科は,2024年4月に朝霞キャンパスに移転し,板倉キャンパスから移転する生命科学部と合流します.

現時点(2020/3/25)の詳細は本学のニュースリリース
生命科学部・食環境科学部・理工学部生体医工学科のキャンパス移転計画について」(2020/3/24)
をご覧下さい.

現在の川越キャンパスは東武東上線鶴ヶ島駅(池袋より約38分)より徒歩10分,移転先の朝霞キャンパスは東武東上線朝霞台駅(池袋より約19分)・JR武蔵野線北朝霞駅より徒歩10分です(アクセス情報).

  • 2021年度入試で本学科に入学する学生については,1~3年生を川越キャンパスで,4年生(卒業研究)を朝霞キャンパスで学ぶことになります.
  • 2022年度入試で本学科に入学する学生については,1~2年生を川越キャンパスで,3~4年生を朝霞キャンパスで学ぶことになります.
  • 2023年度入試で本学科に入学する学生については,1年生を川越キャンパスで,2~4年生を朝霞キャンパスで学ぶことになります.
  • 2023年度までの入学者の所属は「理工学部生体医工学科」のままであり,カリキュラムを含め教育内容はこれまでと変わりません.